お風呂リフォームで一般的なユニットバス

お風呂リフォームで一般的なユニットバス

お風呂リフォームを希望していて、ユニットバスを使っていた住宅では、同じように坪数に合わせた設備に交換することが一般的です。
在来工法ではタイルやコンクリートを用いていることが目立ちますが、ユニットバスの場合はお風呂リフォームをする際に選んだ施工会社によって、現地調査が行われメーカーの工場で継続したサイズ通りにカット作業を施すだけなので意外とスムーズにリフォームを行うことができます。
施工するには既存のお風呂を撤去する作業から始まりますが、撤去後は木造住宅の場合は住宅を支えている柱や梁など木材を確認することができます。
木材に何ら問題が無い場合はそのまま施工が行われますが、古い住宅の場合は断熱材が入っていないケースがあるのでこの場合は組み立てをする前に断熱材を入れることを行っているので、完成後は以前よりも保温性能に優れた環境を作り出せます。
ランクというものがありますが、費やせる予算や施主の希望によってトータル費用は大きく変わるので調整しやすいこともメリットではないでしょうか。

確認しておきたいお風呂リフォームに必要な工期

お風呂リフォームの期間中は、当然ですが自宅のお風呂を使うことはできません。
そのため工事期間中は銭湯や温泉施設などを使う必要があるので、お風呂リフォームの後期は気になるポイントでしょう。
一般的なお風呂リフォームの工期は、一週間以内が目安です。
工事の内容により日数には若干の違いがあるものの、ほとんどの場合は1週間も経たないうちに終わります。
具体的にはユニットバス同士の交換なら3日から4日ほどで完了しますし、タイル張りの在来浴室からユニットバスの場合でも、4日から6日ほどで完了します。
特殊な工事を希望しなければ工期は1週間もあれば十分なので、それほど長く時間がかかるわけではありません。
具体的な工事に必要な日数については、専門業者に確認をしておくとお風呂が使えない間の生活も計画が立てやすくなります。
お風呂リフォームは料金や工事内容だけではなく、必要な工事日数の確認も事前にしておかなければいけません。

お風呂リフォームに関する情報サイト
お風呂リフォームの基礎知識

このサイトではお風呂リフォームを始める前に必要な基礎知識を記載しているのと併せて、理想の空間を実現するための方法が書かれています。 一般的なユニットバスや自由度が高い在来工法に関しての記述もあり必要な知識を習得することができますし、初めての人でも一から楽しく学ぶことができます。 何から始めたら良いのかが分かるのでとても役に立ちますし、分かりやすく丁寧に書いてあるので難しく考えることなく読むことができて大変便利です。

Search